ちょうど今から6~7年くらい前のエマから発売された4号機のストック機「めんそーれ」を、ほぼ毎日のように打っていました。


知っている方はご存じかと思いますが、

この機種の天井は1537Gという、当時としては711枚のMAX獲得機種でもないA-400仕様では最高級に深い天井でした!


でも、ストック機特有のチャンスゾーンがありまして、

めんそーれでは640Gまでにボーナスが来る確率が80~85%となっていましたので、私は余程のことが無い限りボーナス後640Gハマるまでひたすら打ち続ける方法で、常勝していました。
640Gを超えたら、すぐにヤメる戦法をとっていました。

640Gを超えたらいつ来るかわからないからです。

朝一の場合でしたら、250G以内に来ることがほとんどでしたので、最初の投資もそこまではかかりませんでした。


一番最初にホールでめんそーれを見た時は

「いつもの光モノか」

と思っていました。


左のドットのバラが光れば入っているというものだったので…。



しかし

よくよく観察してみると、

異常に出ている台が結構あったので、

めんそーれを研究してみると、

ストック機であったことがわかりました。



わたしは正直、ジャグラーのようなストック機ではなく、

単純なAタイプの機種だと思っていましたので、

めんそーれは全く打ちませんでした。



でも、ストック機で640Gというキーワードが分かってからは、毎日のようにホールに通って打っていました。

また、めんそーれのボーナス中のJACゲーム中のハズレの16分の1の確率で突入するスーパーモード(セレブモード)をいうのがありました。

このモードは転落するまで、ボーナスの天井が5Gという強烈なモードで、

このモードで短時間で一撃万枚も十分可能でした。


私はこのスーパーモードで一撃短時間8500枚というのを経験しました。

めんそーれにハマったことによって、以前は嫌いだった光ものにも抵抗が無くなって、今ではよくアイムジャグラーやハナハナも打ったりしています。



<めんそーれの特徴>
・天国モードは32G以内にボーナスが来る
・スーパーモードの天井は5G
・天井後は必ず天国モードへ移行する
・完全告知だが、25パイ台では解除前5G以内でドットにノイズが走る場合がある
・640Gを超えたら天井まで行く事がとても多かった


« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |