食物繊維は昔は特に体に必要なものと見なされていませんでしたが最近はサプリメントも人気です。
後に有用性が確認され、今ではサプリメントになるなど体に必要な成分として一日に必要な摂取量が定められています。
現代を生きる日本人の食事は、食物繊維が少なくなっています。
食物繊維のサプリメントは、食事だけで食物繊維不足になりやすい人が利用しています。
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種があり、どちらの食物繊維も体には必要だといいます。
野菜や果物、豆類、海草など食物繊維は様々な食べ物に存在していますが、1日の必要量を必ず摂取し続けるのは困難です。

最近はファーストフードや外食を利用する人も増加しています。
ご飯の摂取量が減っていることなどから、食物繊維を食事からだけで摂取するのは困難です。
サプリメントの利点は、確実に、簡単に必要な成分を摂取できることです。
サプリメントは携行も簡単で長もちもするので、手軽に食物繊維を取り入れられます。
サプリメントなら、これから飲む食物繊維が水溶性なのか、不溶性なのかもすぐわかります。

使いやすいからと、サプリメントだけに頼らないように注意してください。
サプリメントはあくまで補助的に使い、あくまで食材に含まれている食物繊維を主体にすることです。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »