食物繊維のサプリメントには様々な種類があります。

何を基準にサプリメントを選ぶといいのでしょう。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

穀物などに多い不溶性の食物繊維は、腸内環境を整え、お通じを改善する働きがあるといいます。

果物や海草類に多い水溶性の植物繊維はねばねばしており、糖の吸収を遅らせる働きがあります。

どちらの食物繊維も体は必要としています。

サプリメントを摂取する場合は、両方の食物繊維を摂取できるようにする必要があります。

毎日の食事で摂取している食物繊維の量を確認してみて、足りない食物繊維があればそれをサプリメントで補給するのもいい方法です。

また、便秘解消を目的に食物繊維を摂取する場合、他の栄養素との組み合わせも重要です。

食物繊維は便のかさを増やし、柔らかくします。

けれども、便のかさが増えても、腸の働きが鈍ければ便秘は改善しないでしょう。

腸の消化力を高めるために、乳酸菌やオリゴ糖など腸の善玉菌になる成分を補給することは重要になります。

腸内のビフィズス菌を多くし、腸が盛んに動くようにするのがオリゴ糖の働きです。

食物繊維のサプリメントには、乳酸菌やオリゴ糖も同時に取り入れられるものもあります。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »